Git/MATLAB上でgit commit

MATLABをメインに使う場合,MATLABのコマンドウインドウでgitを使いたくなることがある

ということを思っていろいろ調べていたら以下の方法でできるようだ.

やり方

MATLABコマンドウインドウでshellを使うのと同様に

>> ! git add .
>> ! git commit -m "First commit"
>> ! git push -u origin master

と打ってみたらOK.

Function化してみた

何とかfunctionにできないものかと思ってみたら,ここで紹介されていたので参考に作ってみた.

function func_git_commit_push(ComMsg,PushRepo)


if nargin < 1
    ComMsg = 'AutoMaticUpdate';
    PushRepo = 'main';
elseif nargin == 1
    PushRepo = 'main';
end


disp(['>>> Commit; ',ComMsg])
disp('>>> Commit current source codes ...')

!git add .
eval(['!git commit -m "',ComMsg,'"'])
eval(['!git push origin ',PushRepo])

end

使い方としては,引数ComMsgにcommit時のメッセージ(First commitみたいなやつ)を

引数PushRepoにpushする先のブランチ名(デフォルトはmainだがmasterに変えても良い)入れてあげるとできる.

参考サイト

あわせて読みたい