Oral/Poster Presentation

学会発表の記録

Oral Presentation

査読付き
  1. Fukui, N., A. Prasetyo and N. Mori (2018) Numerical modeling of tsunami inundation using subgrid scale urban roughness parameterization, Proceedings of the 36th International Conference on Coastal Engineering, ASCE, Boltimore, USA.
  2. Fukui, N., A. Prasetyo and N. Mori (2018) Numerical modeling of tsunami inundation using subgrid scale urban roughness parameterization, The 8th International Symposium on Environmental Hydraulics, South Bend, USA.
査読なし
  1. 福井信気・森信人・Adi Prasetyo,地形アップスケーリングによる市街地粗度パラメタリゼーションを用いた津波遡上モデルの提案,京都大学防災研究所研究発表講演会,C04,京都府,2018年2月
  2. 福井信気・森信人・Adi Prasetyo,地形アップスケーリングによる市街地粗度パラメタリゼーションを用いた津波遡上モデルの提案,巨大津波災害に関する合同研究集会,宮城県,2017年12月
  3. 福井信気・森信人・Adi Prasetyo・間瀬肇,地形アップスケーリングによる市街地粗度パラメタリゼーションを用いた津波遡上モデルに関する研究,土木学会関西支部,II-33,大阪府,2017年5月
  4. Fukui, N., N. Mori, A. Prasetyo and H. Mase, Numerical modeling of tsunami inundation using upscaled surface roughness parameterization, 日本地球惑星科学連合 JpGU, HDS12-11, 千葉県, 2017年5月

Poster presentation

査読なし
  1. 福井信気・森信人・Adi Prasetyo,都市地形アップスケーリングによる市街地粗度パラメタリゼーションを用いた津波遡上モデルの提案,日本地球惑星科学連合 JpGU, HDS10-P18, 千葉県, 2018年5月
  2. Mori, N., N. Fukui, A. Prasetyo, H. Mase (2018) Numerical modeling of tsunami inundation over coastal city using drag force parameterization, International Tsunami Symposium 2017, ID-019, Bali, Indonesia